カテゴリー別アーカイブ: 名刺のこと

「名刺」と「紹介依頼カード」の違いについて

名刺のこと

こんにちは。 開業3年以内の士業・コンサルタントの 「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、 売れる士業プロデューサーの田中和孝です。     私は、主に開業して間もない士業の方の営業活動の一助となるような商品やサービスを提供しております。   その中に、「名刺」と「紹介依頼カード」という商品をご用意しております。 この2つの商品の狙いとしては、もちろん新規集客のためです。 しかし、役割としては違う意味合いを持たせております。 士業の皆様の集客のタイプをざっくりと大きく分けると、 自力による新規顧客獲得(セミナー、相談会、交流会、新規訪問等) 紹介による新規顧客獲得(既存顧客等からの紹介) に分けられると思います。   自力による新規営業活動においては、名刺を使うことはごく普通のことだと思いますが、皆さん、紹介をお願いするときには、どのようにお願いしていますでしょうか?   「同じような案件でお困りの方がおられたら、是非ご紹介ください」 と口頭にてお願いされていると思います。   もちろん、信頼関係が構築できている間柄においては、こういったやり取りでも既存のお客様が新たなお客様を紹介してくれることもあるでしょう。   しかし、より確実な紹介に結び付けるためにひと工夫してみるのが「紹介依頼カード」です。   改めてこの2つの商品の使い方の違いを示しますと、下記のとおりになります。   <名刺> 用途:新規営業 場面:新規訪問、交流会、セミナー、相談会等 <紹介カード> 用途:紹介の依頼 場面:既存顧客との打合せ後、交流会、セミナー、相談会等 ※お相手に3枚ずつくらい渡して紹介をお願いする   同じツールでもなぜ「名刺」と「紹介依頼カード」を分けるのか、それは理由があります。   私が提供している名刺は、「通常型の名刺」と「二つ折り名刺」があるのですが、一般的な名刺のように氏名、事務所名、連絡先が書いているものではなく、しっかりと強みやお役立ち内容を記載した「ミニパンフレット」のような感じの名刺を提供させていただいております。   したがって、私が提供させていただいているスタイルの名刺でも十分、「紹介カード」の役割は果たすのですが、あえて分けている理由は次の2点です。   カードサイズなので、財布のカードポケットに入り、いつも持ち歩けて、いつでも紹介カードを対象者に渡せる (名刺だとカードポケットに入らない) 名刺のように表面に名前と事務所名を整然と並べていては、情報量が少なくなってしまう (名刺としては適度な余白は大事なことですが)   もちろん、ホームページや業務特設のランディングページのQRコードを記載し、スマホですぐに閲覧できるようにします。   また、事務所アクセスはgoogleマップのQRコードを貼ったり、電話番号やメールアドレスもQRコードにして、とにかく紹介カードをもらったらスマホで何でも確認できるようにし、少しでも見込み顧客の手間を最小限に抑え、あなたの事務所のことや業務のことを知ってもらえる工夫をこらします。   このカードを3枚ほどお渡しし、紹介をお願いしたら、紹介する側もカードを渡すだけでいいし、紹介される側もカード記載内容とQRコードであなたが発信したい内容の全てのことが伝わります。   同じ紹介を依頼するにしても、口頭のみ、もしくは普通の名刺を2~3枚渡して、「紹介お願いします」と言うよりも、紹介のための専用仕様に仕立てたギミックいっぱいの「紹介依頼カード」をお渡しする方が、その可能性はグンと上がります。   「紹介依頼カード」にご興味があられる方は、こちらより詳細をご覧ください。   普通の名刺1本で何でも済ませるのではなく、販売促進ツールは、その用途に応じて細やかなカスタマイズをしていくことで、成功率を確実に上げていくことができます。続きを読む

名刺づくりをやりながら自己分析をする

名刺のこと

こんにちは。 開業3年以内の士業・コンサルタントの 「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、 売れる士業プロデューサーの田中和孝です。     私は士業様の二つ折り名刺を制作させていただく機会がよくあるのですが、先日もある士業の方から制作の打診をいただき、掲載内容などを検討いたしました。   今回の制作にあたっても、ご自身の強みをしっかりと洗い出していただき、名刺に落とし込んでいきました。   通常でしたら、名刺は「名前」「所属」「肩書き」「連絡先」くらいをお客様に伝える目的で使用することがほとんどだと思います。 元来の名刺の役割、使い方がこのようなイメージだったためです。   しかし、活用方法は色々と考えることができます。 自分の強みをアピールできる お客様が享受できるベネフィット(利益)を伝えることができる お客様が今困っていることを顕在化し、共感を得ることができる 自分のプロフィールや考え方、想いを伝えることができる 集客導線ができる Webと連携させることができる 紹介に使うことができる 1枚の名刺に様々な要素を盛り込んで、見込み顧客にご自身をアピールしていくことが可能です。 これだけの情報は、通常サイズの名刺だとスペース的に無理があるので、私は二つ折り名刺を推奨させていただいております。   しかし、二つ折りとはいえ、そんなに広いスペースではないので、ある程度の字の大きさを守りながら、読みやすく仕上げるようにはしています。 お客様に刺さるキャッチコピー お客様が不安に感じていること そのお客様のために私ができること 自分のプロフィールやお客様に伝えたいメッセージ 次のアクションへとつながるご案内 掲載する情報をきちんと整理して、分かりやすくお伝えするように二つ折りの名刺スペースにまとめ上げるのは結構苦慮しますが、士業様が名刺交換をしている場面を思い浮かべながら、少しでも次につながる名刺になるようにと思いを込めて制作しています。   制作途中に感じたことですが、 「改めて名刺って、使い方によってはすごいツールだなぁ」 と思いました。   名刺を見て、「この人にお願いせずにはいられない・・・」 このようなものを作っていくことが私の目標です。続きを読む

士業の名刺について考える

名刺のこと

こんにちは。 開業3年以内の士業・コンサルタントの 「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、 売れる士業プロデューサーの田中和孝です。     皆さんはどのような名刺を使われいるでしょうか? 私は以前、名刺を主に制作させていただいた時期があるのですが、その時は「二つ折り名刺」を中心に制作しておりました。   「二つ折り名刺」は、表面、見開き面、裏面と情報がたっぷりと掲載できるのが特長です。 私の販売意図は、ご自身が「何ができるのか」「どのようなことにお役立ちできるのか」を名刺である程度伝えることができ、名刺交換後のアプローチをより深いものにしていきたいというのが狙いでした。   先日、ある異業種交流会に参加いたしました。 せっかくなので名刺交換をする度に、「どのような名刺だったら欲しいと思いますか?」と聞いてみました。 そしたら多かった意見が、「インパクトのあるものがいい」という回答でした。 「インパクトがある」とはどんなものかを聞いたところ、 紙質が厚いほうがいい 角丸加工がいい 変わった形に型切加工されているものがいい 派手な色がいい といった、名刺の外観に関する意見が多数を占めていました。   当然、私は自分の名刺は「二つ折り名刺」を持って行ったのですが、意外にも、期待外れというか、「こういうのが欲しい」と言ってくださった方は、少数派でした。   名刺外観にこだわった方の、その理由としては、「シンプルにかっこよく見せたい」という心情が、お話する中で見受けられました。   「二つ折り名刺」だと、「売る気が強い」とか「野暮ったい」という印象があったのでしょう。   しかし、「名刺の目的」で考えるとどうなのでしょうか? 名刺を渡す究極の最終目的は「売る」ことです。(もちろん例外もあります) ビジネスである以上、当然のことだと思います。   その前の重要なステップとして、商談にあたる前に、 あなたは何をする人なのか? あなたが私にできることは何なのか?   名刺を受け取る立場からしたら、少なくともこの2つが明確になっていたほうが、次の一歩に進もうという気持ちになると思います。   「私は何者なのか」「自分は何ができるのか」「あなたのどんなお役に立てるのか」をきちんと明示し、お客様になっていただくための次のステップに進んでいただけるような名刺にすることが非常に重要だと思います。   強みの明確化、集客のしくみづくりにあたり、名刺は重要なツールの一つだと考えます。続きを読む

私が見開き名刺を使う理由

名刺のこと

こんにちは。 開業3年以内の士業・コンサルタントの 「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、 売れる士業プロデューサーの田中和孝です。     みなさん、見開きタイプの二つ折り名刺を見たことはありますか? すでにご自分の二つ折り名刺を持っておられる方、 名刺交換で他の人からもらって持っておられる方、 まだ見たことも触ったこともない方、 様々だと思います。 今日は、二つ折り名刺の「良さ」についてお伝えしようと思います。   1.メリット① 自分のことを整理できる   二つ折り名刺というと、中身にいろんなことを掲載して、自分の商品やサービスを売る気MAXでアピールするものという印象を持たれている方もいらっしゃると思いますが、実は作成する段階で、「自分のことを整理できる」というとても大きなメリットがあります。 自分にどんな強みがあるのかを整理できる お客様に何が提供できるのかを整理できる どのような切り口からお客様と近づいていくのかを考えることができる これらを明確にすることにより、少し大げさかもしれませんが、自分の事業領域、提供できる価値を改めて認識することができると思います。   2.メリット② 名刺交換の段階でさらっとPRできる これがメインの目的だと思いますが、お客様に自分のこと、商品・サービスのことのエッセンスを効率よくお伝えすることができます。   名刺交換のあとに、会社案内パンフレットや、商品リーフレットなどをお渡しする場合もあると思いますが、それだと最初から売る気満々で、敬遠されるお客様もおられると思います。   名刺交換をする時の間柄としては、ほぼ初対面だと思います。 名刺交換=自己紹介+会社紹介+商品・サービス紹介ですので、それがそのまま二つ折り名刺に載っていると、単純に便利でやりやすいのではないかと思います。   何より、渡す相手の方にとって、とても親切なツールだと思います。 だって、名刺交換というのはお互いの自己紹介であり、より多くのことを知ってもらい、今後、いい関係を築いていくためのものなのですから。   3.メリット③ 会話がスムーズに進む   自分のこと、自分の商品・サービスのエッセンスが詰まった名刺を見てもらった後で、会話が進まないわけがありません。   二つ折り名刺ですので、渡した後に必ず開いて中を見ます。 そして中に書いてあることについて、「こういうことをやられているんですね」から始まり、そこから芋づる式に話が進んでいきます。   もっと言うと、名刺を渡した時から「おっ、二つ折りで珍しいですね」と言われる方もおられると思います。   名刺交換のとき、普通の名刺だと、情報としては、肩書、場所くらいしかないので、話の糸口が中々つかめないケースもあるのではないでしょうか。   4.メリット④ 自然な流れでクロージング   クロージングの本来の意味は、「契約を締結する」ですが、私の場合、名刺上で次の行動に移していただくように働きかけることを「クロージング」と呼んでおります。 取ってほしい次のステップとは、例えば ブログやホームページにアクセスしてほしい フェイスブック等のSNSにアクセスしてほしい サンプル請求してほしい 無料体験してほしい 来店してほしい などあると思います。   二つ折り名刺の見開き面やウラ面に次に取ってほしい行動を明記し、サイトのQRコードなどで導線を引いてあげれば、お客様も行動に移しやすいです。   ■まとめ:とにかく二つ折り名刺はメリットが多い! いかがでしたでしょうか。 メリット① 自分のことを整理できる メリット② お客様に自分が提供できることをわかりやすく伝えられる メリット③ 会話がスムーズに進む メリット④ 自然な流れでクロージング 二つ折り名刺は作る時から、役に立ち、自己紹介、名刺交換時の会話のアシスト、その流れでクロージングまでできるという優れたツールだと本当に思います。   只今、無料ラフデザイン作成を承りいたしております。 その中で、メリット①にもあった「自分のことを整理する」に関しては、あなたから、いくつかの情報をいただいたあと、こちらで整理させていただき、やり取りをさせていただきながら、強みや特長をきちんと伝わる形で、見開き名刺に形作り上げていきます。   ぜひ、一度お申込みいただければと思います。 ※注文に至らなかった場合は、料金は発生しませんのでご安心ください。続きを読む

あなたの名刺は大丈夫ですか?

名刺のこと

こんにちは。 開業3年以内の士業・コンサルタントの 「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、 売れる士業プロデューサーの田中和孝です。     ビジネスにおいて必要不可欠な名刺。 せっかく作るなら、その内容も工夫して、より役立つ名刺にしたいものです。   今日は、そのポイントをいくつかお伝えして、今、あなたが使用されている名刺と比較していただければと思います。   1.名刺交換の目的は? あなたが名刺交換をする目的は何でしょうか? 会社の総務部や経理部の方は別かもしれませんが、トップ営業されている経営者の方、営業担当の方、またフリーランスの方は、名刺交換する目的の大半が「営業活動」だと思います。   営業活動の最終目的は、会社や自分の商品やサービスを購入していただくことであり、様々なプロセスを経て契約に至ります。   名刺交換からその営業活動が始まっているとすれば、「契約に至るまでの様々なプロセス」へ潜在顧客を導いでいかなければなりません。   名刺には、そのファーストアクションを取ってもらうための重要な役割が課せられているのです。   2.今お使いの名刺をご確認ください もしかして、 会社名 肩書 お名前 連絡先 のみの名刺をお使いですか?   残念ながら、いわゆる「フツーの名刺」では、お客様を次へのアクションへスムーズに導くのは、不可能に近いでしょう。   「そんなのは、名刺交換の時に営業トークするから大丈夫だ」というご意見も聞こえてきそうですが、名刺交換の初見の場で、ガツガツと一方的に営業トークするのもあまり得策ではないと思います。   聞く方は、よっぽど欲しい商品やサービスでない限り、うんざりしています。   こういう時に、名刺にうまいこと働いてもらい、次へのアクションへ導くことを考えていきましょう。   3.次のアクションへの導線づくりは大事です! 名刺ですぐに商品やサービスが売れることはありません。 次へのアクションとは、 ホームページやブログを見てもらう SNSを見てもらう サンプル請求してもらう デモを申込んでもらう 見積り依頼をしてもらう 来店してもらう ・・・ など多岐にわたると思いますが、これらのアクションを取ってもらうために、名刺の中での「クロージング」が必要になってきます。   名刺のどこかに、次にとってほしいアクションを明確に記載し、その導線となるべき情報をわかりやすく掲載しておくことが重要です。   ■まとめ:名刺の内容で悩んだら・・・ このように、名刺には目的を持たせることが重要であり、なぜ名刺交換しているのか、名刺交換のお相手にはどうしてほしいのか、そのためには、名刺交換の時点でどのような情報提供が必要か、を考えた名刺づくりをすると、名刺交換の場も大きなビジネスチャンスになるのではないでしょうか。   只今、「見開き名刺・無料ラフデザイン作成」受付中です。 お気軽にお申込みください。続きを読む