力をつける唯一の方法

力をつける唯一の方法

こんにちは。
~オンラインでも潜在顧客にしっかり伝えたい!~
「商品価値」を「言語化」するサポーターの田中和孝です。

GWは自室にこもって、「作業」「読書」「役立つYoutube視聴」という日々を過ごしています。

偶然か、必然か、私に今必要なことだったからなのかは分かりませんが、読書とYoutubeとメディアも違い、発信者もそれぞれ違う方々ですが、共通したことを教わりました。

それは力をつける唯一の方法は、
「継続すること」

そして継続するためには、
「継続できる環境を自分で作ること」

という内容でした。

これだけ聞いたら「当たり前のことじゃないか!」と思いますが、実はこの「当たり前のこと」が果たしてどれだけの人ができているか?ということです。

世の中のある分野で秀でている人は、何も特別なことをしたわけでなく、その分野の知識を投入することや、技を鍛えることの反復作業をしたまでであって、それを継続したからその分野を代表する人物になれたということだそうです。

スポーツにも例えられていましたが、イチローや松井などの超一流選手は、生まれながらに多少のアドバンテージ(体格・パワー・瞬発力など)はあったかもしれませんが、その陰には他のどの選手よりも多くバットを振り、パワーをつけるためのトレーニングを繰り返し繰り返し行い、それが他を凌駕するようなヒットやホームランを打つ力を得ることにつながったということです。

何も特別なことはしていない・・・

人が遊んでいる間、寝ている間に黙々と力をつけるための反復作業を行っただけです。

ここまではわかります。

「だから、継続することが大事だということはわかっているど、それができないんだ」

というご意見が多数だと思います。私ももちろんそう思います。

ここでモチベーションだとか、やる気だとかいうことを話しに引っ張り出してくると、またややこしくなります。

モチベーションとかやる気なんかは、自分の甘い考えですぐ吹き飛んでしまいます。

ここで重要なことは、

「やらざるを得ない環境に身をおくこと」

だそうです。

誰かの師匠の元で指導してもらう…どこかの道場の門をたたく…など「継続できる環境」を作らないと人間は自力では無理だということです。

自力で何とかしようとするから、いつまでも継続することができず、途中でやめて、自分は変わらずじまい・・・この繰り返しです。

薄皮を一枚一枚重ねていくような努力など、途中でイヤになって辞めてしまうのが普通の人間です。

しかし、その薄皮も重ねていけば、いつかは目に見えるような「高さ」になります。

続けるか、続けないか。

続けた者にしか、成長というリターンは返ってきません。

  • 偉人は反復作業をやり続けたから偉人になれた
  • 何も特別なことはしていない
  • 続ける環境を作ることが重要

この3つを知ることができたので、これからは何が何でも自分が目指す状態を見据えて「続けて」いこうと決意した日となりました。

タイトルとURLをコピーしました