逆転するポイント

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

当ブログは、ブログ名にもありますように、開業3年以内の士業様に対して発信しております。
今回は、まさに開業間もない士業の皆様が悩まれていることについて考えていきたいと思います。

 

開業したばかりの時は、実績も経験もない中で、仕事を受任するのはとてもご苦労があると思います。

お客様からすれば、駆け出しとかベテランとか関係なしに見られるわけですから、「まだ開業したばかりですので・・・」とは当然言えません。

(これはどの業種も同じですね)

 

そんな中で、並み居るベテラン書士よりも自分を選んでもらうためにはどうするかを考えなければなりません。

 

士業の場合、多くの業務はアウトプットとしてはベテランであろうと、新人であろうと、大きな違いはないと思います。

あくまでも顧客視点ですが、結果としては、書類を作成し、申請が通れば、任務遂行ということになります。
※こんな一行で済むような簡単なことではないと思うのですがご容赦ください<m(__)m>

 

差をつけるならば、申請手続きまでのプロセスでいかにお客様を満足させるかだと思います。

 

士業様に手続き・申請を外注している一番の理由は、「手間を省いて、確実に申請を通したい」からです。
これを実現するために、できるだけお客様の手を煩わせることなく、徹底的にお客様が「面倒だ」「困っている」「悩んでいる」ことを解決できるようなサービスを盛り込んでいくことが必要です。

 

ここが最大限に同業士業様との違いを発揮できる場です。
逆を言えばここしかお客様に違いをアピールできる場がないとも言えます。

 

短納期や低価格を謳えば、それはそれで顧客からすれば魅力的ではありますが、何よりご自身の首を絞めることになりますし、引いては業界全体に悪影響を及ぼすことになります。

 

また「短納期」や「低価格」ばかりを望んでいるお客様ばかりではなく、「本当に悩みを解決したい、そのためには多少時間が掛かっても、お金が掛かってもいい」という方も多いと思います。

 

そういったお客様に寄り添っていくサービスを提供していくことこそ、あなたの価値を最大限に発揮し、お客様に喜んでいただける方法だと考えています。

 

そしてこの部分は、ベテラン書士に対しても対等で勝負できるところかもしれません。

 

ベテランは今までの経験値があるので、そのプロセスを多少ラクにこなせるかもしれませんが、新人は経験値がないため、そこに手間取り、労力を要し、エネルギーを消費してしまいます。

 

しかし、結果としてベテラン書士と同じようなサービスを提供できたならば、お客様が享受できる価値は同じです。次からご自身がラクをするために時短化・効率化すればいい話なのです。

 

このように「何とかお客様のために」と必死にやっていると、応援したくなるのが人間の本性です。(母性本能かもしれません)

 

私だったら、事務的対応のベテラン書士様よりも一生懸命何とか現状を打破したいと思っている新人書士様にお願いすると思います。

 

しかし、お願いしたいと思っていても、その存在を知らないことには頼みようがありません。ベテラン書士様と同じような認知活動をしていても、それは埋もれてしまうだけです。

お客様の悩みや困りごとや手間を少しでも取り除くという意気込みが感じられる認知ツールでないと、振り向いてくれません。

 

その辺りを、私が少しでも応援出来たらなと思っています。
「ベテラン先生には勝てない・・・」とふさぎ込むのではなく、お客様の利益を徹底的に考えて、ご提案し続ければ、必ず道は開けると思います。是非、一緒に考えていきましょう!