まずはホームページの内容から絞りませんか?

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

士業やコンサルタントの皆様は、その業務範囲はとても広いものですが、それぞれに得意な分野をお持ちだと思います。

 

例えば行政書士業務の中でも、運送案件が得意、相続案件が得意、建設業許可案件が得意など様々だと思います。

 

よく士業様の営業の悩みで言われているのが、「絞るか」、「絞らないか」です。

 

得意分野に絞ってより尖った営業活動をするのか、それとも広い取扱業務範囲を生かしてオールラウンドで営業活動をするのか・・・あなたも悩まれている部分かと思います。

 

しかし、メリット・デメリットで考えると、「絞った営業」のほうに分があるように思います。

 

得意分野に絞るメリットは

  • 絞った分野に関する悩みを持った見込み顧客から認知されやすい
  • あなたの得意分野なので質の高いサービスが提供できる
  • なので、高い満足感をお客様に感じてもらうことができる
  • それでいて、慣れた業務なので効率的に仕事を進めることができる
  • だから、同業務の仕事を沢山受任できるキャパができる
  • 専門特化した知識の「仕入れ」を中心にできるので、さらに強みが深まる

と、好循環が生まれてきます。

 

得意分野を絞らなかった場合は、これと逆の現象が起こると思われます。

  • なかなかお客様に認知してもらえない
  • 他士業事務所に埋もれてしまう
  • 得意分野ではないので、満足のいくサービスが提供できているかどうか不安になる
  • やり慣れていない業務案件だと、色々調べ直して生産性も落ちる
  • したがって、時間がなくなり、他の業務を受任できる余裕がなくなっていく
  • 幅広い知識の「仕入れ」が必要になり、エネルギーを多方向に分散せざるを得ない

 

こう考えると、得意分野に絞った方がいい結果につながるように思えてきます。

 

業務のアピール範囲を絞ることは確かに勇気がいることです。

「○○案件」しかできないの?と思われ、問合せが減るのが懸念されるからです。

 

でも実際にお客様の立場からすれば、「何でもできます」より「○○を専門にやっています」のほうが頼もしく聞こえるものです。

 

現状の受任においては紹介やリアルでの営業もあり、ホームページが100%の受任窓口ではないでしょうから、まずはホームページからでも「絞った営業」を試してみても大きな支障はなく、テストを実施できるのではないでしょうか?

 

そういった観点からホームページの内容を考えると、今、士業様のホームページのスタイルの主流になっている総合案内的なもの(いわゆるコーポレートサイト)から、専門業務に絞った「一点訴求型ホームページ」に変更して、インターネットからの集客窓口を強化するのも、営業の一手としては面白いと思います。

 

よく士業ホームページは信頼性や清楚感や知的イメージが必要だと言われますが、コンテンツの中身が総合案内のようなホームページで、お客様の悩みに寄り添ったものでない場合は反応は薄いと思われます。

士業ホームページの役割の第一は、見込み顧客からの問合せをいただくことなので。

メイン以外のその他業務に関しては、事務所概要ページに載せておけば十分だと思います。

 

もし、ホームページの見せ方でお悩みであれば、きっとお役に立てますのでお気軽にご相談ください。