あなたの士業事務所は何本柱?

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

あなたの事務所は現在、どういった「事務所タイプ」で運営されているでしょうか?

  • 幅広い業務を何でもこなす
  • 2~3本柱を立てている
  • 特定の業務1本に絞って完全専門化している

士業の種別や、個人で持たれている得意分野の数や違い、創業した時の顧客とのご縁など、色々な経緯があっての今の業務スタイルになられていると思います。

 

また合わせて、集客できるようにどんどん改善していこうと意欲的な士業様にとりましては、事務所をどういう切り口でアピールしていくか・・・が悩みどころになるでしょう。

 

士業の皆様は、各資格試験を突破されて、その士業に必要な基礎知識は既に持ち合わせており、やろうと思えば、業際範囲内であれば、できると思います。

 

その業務を遂行される際に、懸念点となるのが、「業務経験」と「十分な最新知識」で守備範囲にするのか、それとも外部委託対象にするのかをご判断されているのではないでしょうか?

 

このように、業務の守備範囲を広げれば、「受任して業務を完了できる」ことはできますので、売上を立てることはできます。
(※不慣れな業務による非効率や、満足いただくような十分なサービスが提供できないことは別にして)

しかし、それだと業務効率や顧客満足度の面から見て、事務所にとってはあまりよろしくない結果を招いてしまう可能性が高いです。

 

不得意業務を受任したことにより、仕事を連鎖的に紹介してもらえるなどのメリットは否定いたしません。

 

でも、せっかく連鎖的に次の仕事を依頼してもらったり、他のお客様を紹介していただくのであれば、あなたの得意分野の業務でまず初回受任を受けて、効率よくお仕事をさばき、尚且つお客様にも高品質のサービスを提供して、好印象を持ってもらう・・・

 

こちらの方が、「違う業務も頼もうか」「あの人にこの士業さんを紹介してあげようか」と強く思ってもらえるのではないでしょうか。

 

やはりそのためには、得意分野を最前面に出してアピールして集客することが必要になります。

見込み顧客にとりましても、そっちの方が「自分の悩みをその分野の専門家に任せたい」という思いが強いので、集客がうまくいく可能性は強いです。

 

したがって、仮に色々な業務サービスを提供可能だとしても、事務所PRの段階では、一番あなたが推進したい業務や得意業務に絞って訴求したほうが、「何でもできます」よりもメリットが多いと考えています。

 

特にインターネット上のアピールでは、実際にお会いして営業活動するよりも、伝わるボリュームが減少しますので、「大事なこと、伝えたいことを、ピンポイントで、強く」という一点集中型の訴求が重要です。

 

得意分野で1回受任した後に、その他業務もご提案していくなどの、「その次の一手」を打っていけばいいと思います。(初回接触で、色々とボールを投げないことですかね。お客様がうまくキャッチできません・・・)

 

是非、事務所PRで悩まれている方は、ご参考にしていただければ幸いです。