開業マインド

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

起業・開業する際に、どうしてもつきまとう不安が、「私なんかの商品やサービスでお客様は満足してくれるのだろうか?」という考えです。

 

そして、「本当に売れるのだろうか・・・」「お客様は私のサービスで何か利益を得ることができるのだろうか・・・」などと、不安な気持ちはどんどん大きくなっていきます。

 

その気持ちは痛いほどよくわかります。
まだ販売した経験も実績もないし、既存でやられている同業他社を見ていると「自分なんか無理だ・・・」というネガティブな気持ちになっていきます。

 

しかし、そのような気持ちでいても物事はいい方向に進みません。

 

こんな時に大事なのは、自分の軸を持つことです。

「私は、△△で困っているお客様を、○○を提供することによって助け、お役に立つ!」
というように、しっかりと「お役立ちのイメージ」を立てて臨んでいくと、少し違った気持ちになります。

 

もちろん、上記の「○○」や「△△」に関しては、その対象者はどのくらいいるのか、ニーズがあるのかなどを調査した上で決める必要があります。

 

そういったご自身の「お役立ちのイメージ」、いわゆるビジネスモデルが固まっていくと、発信内容にも自信が持てるようになり、そのような気持ちで発信すると、受け手の見込み顧客にも響く内容になります。

 

そして「○○」や「△△」を決めるにあたって、それは本当に「お客様の悩みを解決するサービスなのか?」を真剣に考える必要があります。

 

お客様に「必ず利益をもたらす」という強い気持ちが、

→自信を持った発信、セールスができる
→お客様に響く
→その覚悟で必死にサービスを提供する
→サービスに満足する
→リピートしてくださる

という好循環が巡ると思います。

 

私はこれしかできないから・・・
では逃げになり、当たり障りのないものを提供してその分のお金をいただく、といった仕事そのものが何か形式的なもので終わってしまい、それでは、ビジネスの本質である「人のお役に立つ」ことが難しいのではないかと思います。

 

最初は自信がなくても、しっかりと悩みを聞いて、それに対して全力でぶつかっていけば、その積み重ねが必ず自分の実力となって身についてくるはずです。

 

このようなマインドを持ち続けることが、開業当初は重要だと思います。