リスティング広告への投資

リスティング広告への投資

こんにちは。
~オンラインでも潜在顧客にしっかり伝えたい!~
「商品価値」を「言語化」するサポーターの田中和孝です。

世の中には「広告」という手段やツールがあります。

テレビを使ったCM、ラジオを使ったCM、新聞・雑誌を使った広告枠、機関誌や広報誌の広告枠、新聞折込チラシ、ダイレクトメール・・・

色々な媒体を使って、私たちに向けて商品やサービスを売りたい企業からのセールスメッセージが届きます。

上記のような従来までの広告手段に加え、インターネット上でも様々な広告形態が存在します。

Googleなどで検索した時に、画面の一番上に表示される「検索連動型広告」や、閲覧者が見ているサイトと関連性が深い広告が表示される「コンテンツ連動型広告」など、その種類も様々です。

公共の電波を使ったCMや、新聞雑誌広告など、ある意味「無差別」に配信される広告よりも、ネット広告は検索キーワードに連動していたり、自分が見ているページと深い関連性を持った広告が表示されたりと、よりその商品やサービスに興味がある閲覧者が見ている可能性があり、そういった面では非常に効果的だと言えます。

また地方紙や折込チラシと同様に、ネット広告の配信地域も指定できますので、自分の商圏以外の人に無駄な広告費を使わなくていいのもメリットの一つです。

一般的に私たちは、ホームページやブログなどを多くの人に見てもらうためにSEO(検索エンジン最適化)対策というものを施して、上位表示を目指して努力を重ねています。

具体的な対策としては、タイトルを工夫したり、検索キーワードをちりばめたり、関連するサイトとの内部リンクを設置したりがあります。

これらの対策は基本的に無料でできるため、皆さんそれぞれ工夫されて対策をされていると思います。

しかし即効性はあまり期待できず、Googleのアルゴリズムにしたがって表示順位が決まってきますので、サイトを充実させたり、メンテナンスをしっかりやりながら待つしかありません。

一方リスティング広告はざっくり言えば「お金を払って上位表示を買う」ということなので、ある程度即効性があります。

同業他社の広告費に掛けている金額にもよるのですが、すぐに上位表示させることは可能です。

広告表示エリアと検索キーワードを設定すれば、あなたの商圏のお客様が、あなたの設定したキーワードで検索し、興味深い説明文が書いてあればクリックしてくれる確率が上がります。

そして重要なのが「クリックした後に何が表示されるか」です。

せっかく検索キーワードで検索しに来てくれても、それに関連したページが表示されなかったり、ただの会社概要が載っているだけのホームページだったりしたら、コストを掛けてリスティング広告を打った意味がありません。

受け皿としてのランディングページがとても重要になってくるのです。

そしてそのランディングページを見て「ふ~ん」で終わっても意味がありませんので、何かしらアクションを起こしてもらわなければなりません。

リスティング広告においては、

  • 検索して表示されるような広告設定
  • クリックしてもらえるような興味を引く説明文
  • ページ来訪後、アクションを起こしてもらえるようなランディングページ作り

この3つの要素が三位一体となってはじめて効果をもたらす広告手法です。闇雲に投資しても、回収できない可能性が高いので、上記3つのポイントを丁寧に押さえていくことが非常に重要です。

タイトルとURLをコピーしました