理想のお客様とお付き合いするには

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

ビジネスをしていく上で、お客様という存在は非常にありがたいものです。
「お客様に価値を提供して、その対価をいただく」という関係が基本なのですが、その過程で自分自身も成長できるし、そのお客様を通して社会貢献にもつながっているかもしれないし、何より、そのお客様と出会えたということ自体がとてもうれしいことです。

 

こういった理想のお客様とお付き合いする際は、共にWin‐Winの関係が築けるのですが、中にはこういった良好な関係に至らないお客様もおられるのではないでしょうか?

 

例えば、

  • 不当に値下げばかりを要求されてくる
  • 相見積りの当て馬にされる
  • 後付けで見積り外のご要望を色々と言ってこられる
  • 書類提出等、全然協力的でない

など、こういった方々とは、将来的に末永くお付き合いしようとは思いませんね。

士業様のブログを拝見していましても、時々こういったお客様との対応に苦労されている様子が綴られております。

 

お客様が来てくれることはありがたいけど、こういったお客様とは極力出会いたくない・・・これが本音のところだと思います。

 

それでは、どうしていくべきか。
それは「自分はこういったお客様とお仕事をしていきたいです」と明確に表現していくことです。

 

もちろん、あからさまに「相見積りお断り」「値下げはしません」などとストレートに言うのではありません。(そうしたら、上から商売になってしまうので、優良顧客も来なくなってしまいますね)

 

あなたのビジネスを行っていく上でのポリシーを滲み出していけばいいと思います。
別に「経営方針」として長文で難しい文章を書くのではありません。

  • どんな悩みのお客様に貢献したいのか
  • 自分は価値観をどういうところに持っているのか
  • どういうスタンスで仕事を進めていくのか
  • どんな付加価値を提供していくのか
    →特にアウトプットに至るまでの無形サービス

こういうことを名刺でもホームページでも何でもいいので、地道に発信していくことが重要です。

 

そうすることによって、全てとは言いませんが、前述した「できれば付き合いたくないお客様」を敬遠することができるのではないでしょうか。

 

そういったお客様が寄ってくるケースは、おそらく「ポリシー」や「自分の価値観」や「提供したいベネフィット」が明確に発信されていない事務所様が多いかと思います。

 

もし私が、そういった「招かざるお客様」であれば、相見積りなどを依頼するにしても、たとえばホームページなどを見て、ポリシーや価値観やスタンスがしっかりと発信されているページならば、「なんか、ここ雰囲気違うな・・・冷やかしはできない感じだな・・・」と思ってしまいます。

 

そういったホームページは、「付き合いたいお客様」には「芳香剤」のような、「招かざるお客様」にはまるで「○コナーズ」のような役割が果たせるのかとも考えます。

 

お客様を差別するわけではありませんが、理想のお客様とお付き合いして、はじめてご自身の力が発揮されるのも事実だと思います。

 

ぜひ、末永くお付き合いできるお客様と多く出会っていきたいものです。