サービスを選ぶときに考えること

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

先日、格安SIMと言われる、スマホで通信するためのSIMカードを契約しました。
※3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)以外の格安モバイル回線のことですね

 

今まで家族がガラケーを使っている兼ね合いで、家族割や家族間無料通話を活かすために、私も電話はガラケーを使用し、スマホは別途モバイルルーターにて対応していました。

 

スマホで外で動画を見たり、ゲームをしたりなど、元々スマホのヘビーユーザーではなかったので、大手キャリアで高額な大容量プランを契約するまでのことはなかったのです。

 

モバイルルーターのほうも、出先でのノートパソコン使用時やスマホ用(ほぼメールチェック程度)に使用していたのですが、近くに無料Wi-Fiが提供されている図書館ができたり、カフェなどでも無料Wi-Fiは当たり前になってきているので、モバイルルーターの必要性も薄れてきたところです。

 

最近は格安SIMというものがかなり認知されてきているようで、ちょうどスマホ本体も買い替える予定だったので、これを機に格安SIMへの切り替えを検討してみました。

 

調べ始めると、各社から様々なプランの格安SIMが出ており、かなり迷います。

こういう時はまず、自分の用途をはっきりさせて「軸」を持つことが大事ですね。

そこから出た条件が、

  • 通話はしない
  • SMS機能もガラケーで済ませる
  • ということは「データ通信のみ」のプランでOK
  • 使用する通信量は、出先ではメールやSNSやちょっとしたWeb閲覧なのでそんなに消費しないし、自宅ではWi-Fiを使用する
  • 回線速度もメールやLINE程度の連絡手段が主なので、高速通信でなくてもよい

です。

 

これらを満たすものがいくつかあり、月額ワンコインで契約できるものがありました。
さらにリサーチを続けていくと、なんと通信量が月間500MB以下だと0円というものがありました。So-netから出ている「0sim」というサービスです。(申込み時の初期費用は税抜3,400円)
驚きです。(2016年くらいからあるサービスなので、今さら知ったのか・・・という方もいらっしゃると思いますが(;´Д`))

 

500MBあれば、メールやSNSなどの通信であれば全く問題ないし、軽いWebページ閲覧ならばできる容量です。さすがに動画視聴は通信量的にも回線速度的にも厳しいですが、外で動画は見ないので問題なしです。

 

「タダより高い物はない」と疑いの目でさらにリサーチを続けると、注意点としては、

  • 通信速度が他社格安SIMよりも遅い(混雑時で200kbps程度)
  • 通信量が500MB/月を超えると100MB当たり100円が課金される
  • 2GB/月を超えた場合は1600円で頭打ちで5GB/月までは通信可能(500MB超過後は他社より割高になる)※5GB/月以降はチャージが必要

というものでした。

やはり、多少の「裏」はあるようです。

 

しかし、通信速度もメールやLINE(LINE通話)やSNS程度だと全く問題になる速度でもなく、500MB/月を超えることもないと思い、私にとってはデメリットにはなりませんでした。

 

メリット、デメリットを含め、まさに私にピッタリのプランということになります。
早速申込みを済ませました。(根っからの貧乏性なのでしょうか、これから0円でスマホが使えるとなると嬉しくなってきます)

 

今回契約した、このサービスを提供している会社がどんなビジネスモデルを描いているのかはよく分からないところがあるのですが(おそらく500MB超過時の追加課金で収益を得ているのでしょうか)、他にも似たようなサービスでワンコインプランなどを提供している会社は、やはりそのようなニーズを見越してサービスを開発しているのだと思います。

 

私のような、いわば「セカンド端末用で通信したい人もいるだろう」という想定のもと、「格安SIMを契約する人の目的はコスト削減が第一」という軸をしっかりと捉え、商品ラインアップを考えています。

 

「値段が高すぎる3大キャリアのスマホ」という分かりやすい比較対象があるために、格安SIMも乗り換えをPRしやすいという側面はあるとは思いますが、ということは、乗り換えを検討する人も多く、そこからライバルSIM会社に対して優位性を持ち、お客様を獲得していかなければいけないわけです。

 

今回の私のような携帯端末の使い方をする人はニッチな部類に入るとは思うのですが、しかし、一定数のニーズはあると判断したので、So-netはそういったSIMサービスを提供しているということです。

 

私たちがサービスを提供していく際も、「対象顧客はどのような人で、何を必要とし、何を欲しがっているのだろうか」をしっかりと想定していかなければなりません。

 

今回の購買体験は、そういった消費者心理や購買行動を考える上でとても参考になり、貴重
な体験となりました。