思わず読んでしまう士業様の発信

こんにちは。
開業3年以内の士業・コンサルタントの
「強みの明確化」と「集客のしくみ化」を支援する、
売れる士業プロデューサーの田中和孝です。

 

 

現代は、自分が思っていることや大勢に伝えたいことを、パソコンやスマホ一つで自由に発信できる時代です。
ビジネスにおいても、自分のセールスプロモーションを行う上で欠かせない手段です。

 

しかし、いくら自由に、効率的に発信できる環境が整っていて、発信の目的も「集客のため」と明確に決まっているにも関わらず、「いったい何を発信すればいいのか・・・」と悩んでおられる方が多いと思います。

 

毎日欠かさずブログやSNSを更新しておられる方もいて、本当にすごいと思いますが、一方で、いわゆる「ネタ切れ」に困っておられる方も大多数存在するのではないでしょうか?

 

発信の目的である「集客」が明確になっていて、「何を発信していいかわからない・・・」とお悩みの方は、
このようにシンプルに考えてみてはいかがでしょうか?

 

「見る人が知りたいと思っていることを発信する」

 

・・・当たり前すぎて、こんなことわざわざブログで書くなとお叱りの声も聞こえてきそうですが、理屈としては、とても簡単な構造だと考えています。

 

閲覧者は、パソコンやスマホで情報を探しているときは、「○○が分からないので調べる」「困っていることを解決したい」「○○が欲しい」など、基本的には「知りたいことを探している」状態です。

 

そこで、私たち発信者はするべきことは、閲覧者が「知りたいと思っていること」を発信すればいいのです。

こう言ってみれば簡単なことなのですが、そこが難しいんですよね!
何を書けばいいか、やっぱり迷ってしまいます。

 

ここで重要な作業は、閲覧者が「知りたいと思っていること」を突き止めることです。

これさえつかめれば、あとはあなたがお持ちの知識や経験で説明してあげればいいのです。

 

「知りたいと思っていること」はすなわち、閲覧者が「困っていること」です。

あなたのホームページやブログやSNSに訪れてくれたということは、あなたが取り扱っている業務に関連することでお困りだということです。

 

お仕事をされてきた経験上、お客様が「何で困っているか」、「どのような問題を解決したいのか」は、あなたの中にたくさんのデーターベースとして蓄積されていると思います。

これを公開してあげれば、「知りたいと思っていることがある」閲覧者にとっては、非常に助かるコンテンツになります。

 

次の段階として、「この人は私に何をしてくれるの?」と閲覧者は思うので、普段行っている業務の内容を分かりやすくお伝えすればいいと思います。

そこに、お客様から喜ばれた行動やサービスなどを加味すると尚、魅力的になります。

「知りたいと思っていること」に対して「私はお客様に何をして差し上げるのか」を対で考えて行くと、それ自体がとても魅力的なコンテンツとなります。

 

よく「自分ができること」だけを発信して、なかなか反応がないというケースがありますが、それは閲覧者が困っていることの解決策になっているのか・・・を考える必要があります。

 

要するに、見込み顧客が何に困っているのかを突き止めなければ、反応があるような発信にはならず、当然のように何の反応もありません。実に当たり前でシンプルな構造です。

 

あなたの中には、今まで多くのお客様とやり取りしてきた中で得られた「宝の山」があります。

  • お客様が何で悩んでおられるのか
  • その解決手段
  • お客様に実際に喜ばれた行動 など・・・

これらを、まだ出会っていないお客様を想定して発信していけば、きっとあなたの助けを必要としているお客様と出会えるはずです。