山口県宇部市近郊で、
親御さんにそろそろ「終活」を始めてもらいたい…
とお考えの「子世代」の方へ
事故にあった、突然倒れた、

認知症が一気に進んだ・・・そんな時

親御さんに「もしものこと」があった時、

あなたをはじめ、ご家族がどうなるかご存じですか?

  • 「保険に入っていた?」
  • 「負債はある?ない?」
  • 「定期預金とか、投資信託とかしてた?」
  • 「誰に連絡すればいいの?」

重要書類通帳印鑑などを探し回り、いったい誰に連絡をすればいいのかと右往左往。

悲しむ暇もありません。
「聞いておけばよかった」と、後悔しないために、出来る事があるとしたら…

「いつかやる」では間に合わない”終活”

 

ちょっと刺激的な表現になり、申し訳ありません。
ですが、これは誰にでも起こりうる出来事です。

 

人はどうしても老い、病気を抱えながら死へと向かいます。
あるいは、ある日突然意識を失い、親御さんと意思の疎通ができなくなる事もあります。

 

親御さんにもしものことがあった時、何が一番心配ですか?たとえば

  • 「認知症」になった時。
  • 「介護」が必要になった時。
  • 「相続」はどうするのか。
  • 「お墓」はどうなるのか。

”その時”が来たあとでは、親御さんの意向も知ることができません。
あなたをはじめとした残されるご家族も対応に困りますし、ああすればよかった、こうすればよかったと、多くの後悔を背負ってしまうでしょう。
しかし、なかなか親御さんに対して「終活したら」とは言いにくいもの…

こんな時は・・・あなたも一緒に、

「親子」で”終活”してみませんか?

 

あなたが終活に取り組むことで、親御さんにお手本をみせれば、スムーズに
「親子終活」ができると思いませんか?

”終活”は「死ぬ準備」ではありません。
「これからの生き方」を考えるための活動です。
あなたご自身の今後の人生について見つめ直すきっかけにもなりますし、
親御さんにとっても、残された人生を自分らしく歩んでもらうために必要な活動です。
”終活”は始めるのに早すぎることはありません。
「いつか」「今度」と後回しにせず、この機会に”親子終活”を始めてみませんか。

 

親子終活に関するお問合せはこちら
~お気軽にどうぞ~

メールフォームからのお問合せはこちらからどうぞ

今すぐお問合せ


お電話でのお問合せはこちらからどうぞ

☎ 0836-77-9094

【電話受付時間】8:00~19:00

 

 

不十分な”終活”がまねく
様々な問題・・・

これはあなた、または親御さんが「その時」を迎えたときに、両方に当てはまることが考えられ、起こりうる問題です。

 

  • 相続のこと
    財産や相続についての考え方は、人それぞれに違います。
    あなたの相続方針が伝わらないと、遺された家族が迷ったり争ったりする可能性があります。
  • 医療・介護のこと
    意思表示できない状態に陥った時、どのような医療や介護を望むのか、家族にとっては決断の難しいところです。あなたの意思がわからないと、家族は大きな後悔に苦しむかもしれません
  • 葬儀・お墓のこと
    昨今、葬儀やお墓にもさまざまな新しい形式が登場しています。希望する葬儀や遺影に使ってほしい写真等を伝えておかないと、望まない形での葬儀や埋葬になる事もあります。
  • 預貯金や財産のこと
    あなたしか知らない財産や預貯金があると、遺族はその存在を知らないままになり、相続してほしいご家族にきちんと相続されない可能性があります。
  • SNSアカウントのこと
    SNSによっては、閉鎖や削除の処理をしなければ、あなたのアカウントは残り続け、乗っ取りやなりすましの被害に遭うかもしれません。
  • 家族・友人へ残したいメッセージ
    伝えておきたかった感謝の気持ち、メッセージなど、あなたが残しておかない限り、伝えておきたい人に、あなたの気持ちが伝わらないままになってしまいます。

このような「お悩み」「不安」を解消し、
自分らしく生きるための活動が”終活”です!

 

 

子ども世代のあなたも早めの終活

そして一緒に始める”親子終活”のすすめ


こんにちは。
山口県宇部市で終活アドバイザーをしているヤマノヤスエです。
私が「終活」に興味を持ったのは、母の死がきっかけです。
余命を感じていた母は、身の回りの整理を始めたのですが、私達家族は「縁起でもないからやめてよ!」と、現実から目を背けてしまいました。

結果、母の終活は進まないまま……。
その後の遺品整理の大変さは言うに及ばず、凍結された銀行口座を解約するのに数ヵ月もかかってしまいました。

母は、私達をこんな目に合わせたくなかったんだろうなと、後悔することになったのです。
母から受け継いだ着物や茶道具など、いわれがあるはずなのに何もわかりません。

亡くなった後に親戚から聞く、母の若い頃の思い出話も知らないことが多くて、どうして生前に聞いておかなかったのだろうかと哀しくなってしまいます。

母の終活を一緒に手伝いながら、もっと色んな話をしたかったと、今でも思います。
「終活」は自身のためであると同時に、家族を想っての大切な活動です。
後回しにせず、是非!元気なうちに!楽しんで!進めてみてください。
これまでもお客様の中には、親御さんに終活して欲しいと思っていても、なかなか言い出せない方がたくさんおられました。いくら親子関係でも、終活に関しては言いにくいことだと思います。

でも、お子さんであるあなたからこう言われたらどうでしょう。

  • 今後のことを考えたら、私もちょっと早めに終活しようと思うんだ♪
  • お母さん(お父さん)も一緒に終活しようよ!

こんな風に誘ってみたら、親御さんも”終活”を前向きに考えてくれるのではないでしょうか。
また、親御さんの方から「終活をしたい」と言われた時には、子世代のあなたも前向きにとらえてあげてください
そして「じゃあ一緒にしようよ!」”終活”を楽しんでほしいのです。
私は終活アドバイザーとして、”終活”に興味を持った貴方と貴方の親御さんの、今後の人生を自分らしく生きていくためのサポートをさせていただきます。
ぜひ、ヤマノ事務所の「親子終活サロン」で親御さんとともに、今後の人生についてゆっくりと語り合ってください!

 

 

「やっておいてよかった・・・」
”前向き終活”5つのメリット!

 

  1. 自分の情報が整理できた!
    保険・携帯電話・その他各種契約の内容、金融資産、不動産、SNSアカウント、医療情報(持病・かかりつけの医師・お薬手帳・アレルギーなど)
  2. 相続内容について整理できた!
    相続すべき資産と誰に相続するかの明確化
  3. 後で家族が争わないような遺言を書くことができた!
    相続の内容、自分の遺品についてなど
  4. 葬儀や埋葬について決めることができた!
    葬儀の形式・場所・規模等、遺影、納骨など
  5. 愛する家族に感謝のメッセージを残すことができた!
    今まで伝えきれていなかった感謝の気持ちを残しておくなど

 そして

 

「親子で一緒にやって良かった・・・」
親子終活5つのメリット!

 

  1. 親に終活の重要性を分かってもらえた!
    子どもである自分が一緒に終活を行うことにより、「一方的な終活の押し付け」から「ともに寄り添って終活する」ことで、親にも終活の重要性を理解してもらい、進めることができた。
  2. 親子で連携した効果的な終活をすることができた!
    自分自身の終活と親の終活を一緒にすることで、引き継いでほしいことやお互いの要望を整理し、伝え合うことができた。
  3. 一緒に終活をやることで親子の絆がより一層深まった!
    親とは今まで、改まってこれまでのことやこれからのことなどを話したことがなかったが、初めて聞く思い出話や将来への希望など、一緒に終活をしたからこそ聞けた話や、垣間見えた親の想いを知ることができたので本当に貴重な機会となった。
  4. 自分自身の終活も早めに始めることができた!
    子ども世代の自分が終活するにはまだ早いと思っていたが、今までの物心両面の整理や今後の生き方を再考するきっかけとなり、自分にとっても、人生を見直すとても良い機会になった。
  5. 親子二人で前向きな気持ちになり、人生を楽しめるようになった!
    親子二人揃って、心で思っていた心配事や憂い事を整理し、今後の人生を自分らしく有意義に生きていくことができるようになった。
でも「終活」って

どうやってすればいいの?

 

  • 「何のために”終活”をやるのか・・・」いまいち理解できていない
  • 何から始めていいのか・・・全く分からない
  • ”終活”の手順、やり方が分からない
  • 決めたことを「誰に」「どのように」伝えたらいいか分からない
そんなときは、「ヤマノ事務所」で
親子で一緒に将来について話してみませんか!

 

ヤマノ事務所の親子終活サポート 3つの特長

  1. しっかりとお話を伺いながら進めていきます。
    まずはゆっくりとお話を伺いながら、ご要望・悩み事・憂い事を整理していきます。
  2. 終活のお悩みを一つ一つ解決していきます。
    終活にあたってのお悩みや心配事を、残される家族のことや、ご自身の今後のことを考えながら、どの方法が一番いいのかを考えていきます。
  3. エンディングノートの書き方指導を丁寧に行います。
    内容を整理し、今後の方向性が定まったら、これらの内容を分かりやすく、伝わりやすく、エンディングノートとして書いていきます。
自分らしい”終活”のために・・・
エンディングノート必須アイテムです

 

エンディングノートとは、

  • 抱えている心配事を整理
  • 残される家族のためにしっかりと対応を考え
  • そしてご自身のこれからの人生を実りあるものにするための

”終活”に欠かせないアイテムです!

 

ヤマノ事務所では、「エンディングノート」の書き方指導も行っております。
エンディングノートは、親子終活で話し合いの結果、色々と決まった内容を整理しておくための大切なものです。
ヤマノ事務所オリジナルのエンディングノート(無料)もご用意しております。
是非、ヤマノ事務所で親子で今後に向けた終活を行い、素晴らしいエンディングノートに仕上げてみませんか?

 

親子終活に関するお問合せはこちら
~お気軽にどうぞ~

メールフォームからのお問合せはこちらからどうぞ

今すぐお問合せ


お電話でのお問合せはこちらからどうぞ

☎ 0836-77-9094

【電話受付時間】8:00~19:00

 

 

親子で気軽にご利用できる

「親子終活サロン」ご用意しております

親子終活サロン

ヤマノ事務所では親子でゆっくりと話し合える環境をご提供し、終活アドバイザーである私がご一緒させていただく、気の置けないゆるい終活サロンです。
親子でお互いの今後のことについて、まったりと語り合いませんか?
エンディングノートの作成アドバイスを中心に、終活について必要な知識や方法もお伝えさせていただきます。
そろそろ終活してほしい親御さんを誘って、お茶飲みがてらにおいでください。

 

 

このような方に
ご利用いただいています

 

  • 親御さんに終活を始めてほしい方
  • 親御さんに終活を勧めたいが、言いにくい方
  • 親御さんと二人三脚で終活を進めていきたい方
  • 親御さんと一緒に自分の終活も早めに始めたい方

 

 

 

お客様の声
娘と一緒に参加させてもらいました。
自分も終活しなければとは思っていたのですが、なかなかきっかけがなく、
始めることができませんでした。
でも娘から「私も終活やるから一緒にしよう♪」と誘われ、
親子終活サロンに参加しました。
娘はまだ50代ですが、親子共々、このサロンをきっかけに
お互いの要望も確認でき、前向きに人生を送ることが出来そうです。
(78歳/女性)

自分の今後の人生や残される家族に対する要望などについて、
今までは漠然と何となくしか考えられていませんでしたが、
エンディングノートを作ってみて、家族への要望も伝えることができ、
本当によかったです。
(68歳/男性)

母の終活のために、一緒に終活サロンに参加させていただきました。
エンディングノートの項目に沿って母とともに色々と話し合えたので、
今はとても安心した気持ちでいます。
(52歳/女性)

 

 

よくあるご質問
 

終活は全く初めてで、何をしていいか全然わからないのですが、このような状態でもエンディングノートの書き方を教えていただけるのでしょうか?
はい。全く問題ござません。
むしろ、そのような方のためのプランでございます。
今は何もわからない状態でも、ご遠慮することなくお気軽にお問合せください。

 

お金のこと、病気のこと、介護のこと、遺言のこと・・・
色々あり過ぎて何から手をつけていいか分かりません。
ご安心ください。
まずはゆっくりとお話を伺いながら、一つずつ整理していきますので、ご一緒に前向きなエンディングノートを作っていきましょう!

 

私の親に終活を是非やって欲しいと思っています。
親がどのような老後を希望し、どんな病歴があり、どんな財産を持っているのか・・・すべては把握しておりません。
この先すごく不安です。
はい。ご安心ください。
親子でお気軽にご利用できる「親子終活サロン」もご用意しております。
終活アドバイザーの私がご一緒させていただき、お互いじっくり話しながら進めさせていただきます。
お茶のみがてら、親子でお越しいただき、今後についてゆっくりと話し合ってみませんか。
いつでもお待ちしております。

親子終活に関するお問合せはこちら
~お気軽にどうぞ~

メールフォームからのお問合せはこちらからどうぞ

今すぐお問合せ


お電話でのお問合せはこちらからどうぞ

☎ 0836-77-9094

【電話受付時間】8:00~19:00

 

 

さいごに

 

母の遺品整理はとても大変でした。
実は10年たった今でも、引き受けた母の遺品たちをどうしていいかわからないままです。
着る機会のない着物。
価値がよくわからないアクセサリー。
普段使いにしにくい陶芸品。
中には、どこかへ旅行したときの記念品らしい、母の写真入り飾り皿も。
これらを捨てるに捨てられず、引き出しや納戸の中にしまい込んでいるのが現状です。
もしわたしがいなくなったなら、わたしの遺品だけでなく、母の遺品整理までしなくてはいけなくなる家族は、やはり大変な目に遭うでしょう。
だったら今、自分の代でこれらを生前整理しておくべきなのです。
これらの生前整理は”終活”の一部なのですが、その他にも「前向きな終活」はこれからの人生を過ごす上で多くの気づきを与えてくれます。
これからの人生を生きていくにあたっての悩み事、憂い事を一つずつ解決し、すっきりとした前向きな生き方を一緒に探してみませんか。
あなたとあなたの親御さんとともに、将来について語れる日を心よりお待ちいたしております。

 

終活アドバイザー 山野 康恵

 

 

ヤマノFP行政書士事務所

 

〒755-0049

山口県宇部市西小串2丁目3番8号

TEL(0836)77-9094

山口大学医学部付属病院の近く
新川小学校の北東約100メートル
近くの交差点に電柱看板を設置しました。
猫のソラちゃんマークが目印です。

駐車場あり:6台程度駐車可能

【営業時間】9:00~18:00  【電話対応】8:00~19:00
※調整がつけば土日も可能

終活グループサロンで来訪される場合は、3人まででしたら対応が可能です。

※遺言書や相続などで法的な対応が必要になった場合は、行政書士 山野和民がサポートいたします。

親子終活に関するお問合せはこちら
~お気軽にどうぞ~

メールフォームからのお問合せはこちらからどうぞ

今すぐお問合せ


お電話でのお問合せはこちらからどうぞ

☎ 0836-77-9094

【電話受付時間】8:00~19:00

 

Copyright (C) 2019 ヤマノFP行政書士事務所 All Rights Reserved.